« 本 「第九の日」 | トップページ | 本 「ポケットにライ麦を」 »

2006年9月 3日 (日)

「プレデター」 知能あるモンスターの恐怖

昨日観てきた「グエムル」の怪物の顔、どこかで見たことがあるなと思ったら、プレデターの口に似てますね。
ということで本日は思い出したように「プレデター」を観てみました。

「グエムル」は冒頭から白昼堂々怪物が姿を晒すというところが、モンスター映画としては斬新だったような気がしますが、「プレデター」はそういう意味では王道をいきます。
自分たちを襲ってくる何ものかの姿が現れるのは、物語も終盤にさしかかった時。
この種の映画で大事な正体のわからない何かに主人公が追い込まれる感じ(それがあるほど最後のカタルシスがある)を出すために、設定としては暗い閉空間(「エイリアン」などはそうですね)を使うことが多いように思われます。
本作では陽光厳しいジャングルというオープンな空間でありながら、エイリアンのハイテクノロジーによる光学迷彩という設定を用い、相手が見えない恐怖を出したのはなかなかのアイデアだと思います。

正直、本作は物語の構造としてはあまり良い出来ではないような気がしてます。
前段の「ランボー」チックな雰囲気と、後段プレデターがでてからの雰囲気があまりあわずちぐはぐな感じがします。
後段の追い込まれ感とその逆転劇のカタルシスは、やはり「エイリアン」の方が数段上でしょう。
キャラクターの掘り下げもやや浅い。
キャラクターの描き方は「プレデター2」の方が出来はいいかもしれません。

それでも僕は「プレデター」、好きなんですよね。
たぶんそれはプレデターといった生き物の設定のユニークさでしょう。
このタイプのモンスター映画は、相手はTレックスだったり、凶暴なエイリアンだったり、大きな口と牙を持ったサメだったりするのですが、これらはみな獣として本能で補食をしています。
人間の意思が通じないという意味では、これらは災害みたいなものです。
「プレデター」がユニークでかつ恐ろしいのは、モンスターが楽しみで人を襲っているということです。
プレデターは本来は捕食者という意味ですが、この映画のプレデターは生きるために人を襲うのではありません。
プレデターが意思もあり知能もあると見えながらも、人間を狩りの獲物としてしか見ないということがわかります。
知能があったらわかりあえそうな気がしますが、運良く討ち取っても最後は高笑しながら果てるというまったくディスコミュニケーション状態です。
そこには種としての優劣が見え、人間が矮小に思えてくる(たとえシュワルツェネッガーであっても)恐怖があります。
これは災害に対する恐怖とは違った恐怖じゃないかと思います。

映画としての出来はあまり良くなくても、プレデターというキャラクターを生み出したのが、本作の一番の功績かと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

「プレデター2」の記事はこちら→ 「AVP2 エイリアンズVS.プレデター」の記事はこちら→ 「プレデターズ」の記事はこちら→ 「グエムル 漢江の怪物」の記事はこちら→ シュワルツェネッガー主演「ターミネーター」の記事はこちら→

|

« 本 「第九の日」 | トップページ | 本 「ポケットにライ麦を」 »

コメント

たおさん、こんにちは!

そうですねー、80年代なマッチョ感が懐かしいですよね。
スタローンの「エクスペンタブルズ」はアメリカで大ヒットしているということですから、またマッチョな時代に戻ってきているのかな。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年9月26日 (日) 17時10分

こんにちはー!
TBありがとうございます。
80年代の忘れ難い一本ですよねぇ。
雑な作りなんですが、最終的には文明の利器投げ捨てて肉弾勝負に収まる、強き男がもてはやされた80年代特有の香りが好きです。

投稿: たお | 2010年9月26日 (日) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/11743442

この記事へのトラックバック一覧です: 「プレデター」 知能あるモンスターの恐怖:

» 「グエムル」 [☆☆現役女子大生☆ネットショップ開店奮闘記☆☆]
先週、韓国映画の「グエムル」をみにいきました。最初、くえむる・・・ぐえむる・・?って思ってたんですがなーんってことないグエムルって「怪物」の韓国語読みだったんですね。ま、ストーリーはいたってシンプル。ソウルの自殺の名所でもある漢江(川)に怪物が現れ、人々を貪り喰い、パニックになる。そこに運悪く、ある少女が怪物にさらわれてしまう。その少女を溺愛してた父はなんとしてでも助けたい一心で家族の力を借�... [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 21時45分

» プレデター [洋画な日々。]
■監督:ジョン・マクティアナン ■出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー カール・ウェザース ジェシー・ベンチュラ ビル・デューク■ストーリー コマンド隊長ダッチ・シェイファー(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、フィリップ将軍(R・G・アームストロン...... [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 17時48分

» プレデター [しーの映画たわごと]
いずれ「エイリアンVS.プレデター」という映画を観てみようと思っている。なんかバカっぽくて面白そうじゃない。(笑) ずっと先だとは思うけど。そこで、もう一度、エイリアンシリーズとプレデターシリーズを見直そうかと。全部観てるわけじゃないけど、なぜか思い出せない...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 10時36分

» 『プレデター』(1987) [【徒然なるままに・・・】]
南米のジャングルで行方不明となった大臣の救出に、CIAの命を受けて特殊コマンド部隊が出動する。だが彼らを待ちうけていたのはゲリラだけでなく、宇宙から来訪した恐るべきハンターだった。 オープニングは地球に飛来する謎の宇宙船の映像で、SF映画らしい開巻だなと思っていると、タイトル後は荒くれ男たちによるゲリラ掃討作戦が始まり、一体何の映画なんだろうと狐につままれたような気分になる。『コマンドー』『ゴリラ』に続くシュワルツェネッガーの主演作でその延長線上の雰囲気を漂わせているのだが、やがて真の相手であ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 21時18分

» プレデター (Predator) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ジョン・マクティアナン 主演 アーノルド・シュワルツェネッガー 1987年 アメリカ映画 107分 アクション 採点★★★★ ロシア版のやつはさて置き、なにやらリメイクの話が出ている『コマンドー』。別に格段と話が面白いわけでもなく、ただ立ってるだけでも面…... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 14時04分

» プレデター [いやいやえん]
ラストの攻防以外、もう忘却の彼方…という事で見てみました。 アーノルド・シュワルツェネッガーさん主演。 ゲリラのいるジャングルに落ちた重要人物の奪還という任務についたダッチ・シェイファー率いるコマンド部隊。しかし彼らを待っていたのは、人間の生皮を剥ぎそれを吊るすという残虐な敵であった。犠牲となったのはダッチの親友含めたグリーン・ベレーの面々。やがてゲリラのアジトを発見した彼らは人質が殺された後だったことに気づくのですが…。 人間側の精鋭部隊VSプレデターという図ですが、プレデターはカム... [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 09時39分

« 本 「第九の日」 | トップページ | 本 「ポケットにライ麦を」 »