« 本 「ポケットにライ麦を」 | トップページ | 「X-MEN ファイナル ディシジョン」 テーマを貫きシリーズを見事に締めくくった! »

2006年9月 8日 (金)

「ラフ」 きらりと輝く長澤まさみの表情

あだち充さんの漫画「ラフ」を原作にしている映画です。
僕はこの映画の原作は読んだことがないのですが、「幼なじみ同士の三角関係」、「一つ屋根の下に暮らす男の子と女の子」、「恋とスポーツ」などあだち充さんの漫画によくでてくるシチュエーションがでてきていました。
そういう意味ではストーリーにそれほど新しさは感じなかったです。
また演出も映画というより、テレビドラマのようで、月九を見ているような感じでした。
映画ならではの迫力があり凝った画が見たかったところです。
全体的に凡庸で、個性を感じられない映画のように感じました。
料理にたとえたら、作っている人の個性が見えないファミレスの料理のような感じです。

唯一良かったのが、主演の長澤まさみさん。
満面の笑顔もすてきな方ですが、これはグラビアアイドルの方でも同様。
長澤さんがいいのは微妙な気持ちを表した表情です。
女優であるなら喜怒哀楽の感情表現ができるのは当たり前として、長澤さんはそういうわかりやすい感情ではない、自分でもわからない気持ちを表現するのが上手だと思います。
映画の中にもありましたが、さびしそうな表情、迷っているのを押し殺しているときの表情など、うまいなあと思いました。
細やかな目の動きや口元の表情などで上手に表現していたと思います。
若手女優として逸材かもしれません。
水着姿も披露していましたが、すらりとしてスタイルいいのですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「ポケットにライ麦を」 | トップページ | 「X-MEN ファイナル ディシジョン」 テーマを貫きシリーズを見事に締めくくった! »

コメント

>にらさん
この作品、あの大谷監督とあの金子ありさ脚本と、結構宣伝していましたが、それほどでも・・・という印象でした。
お二人の他の作品見ていないので、たまたまかもしれませんが・・・

投稿: はらやん | 2006年9月30日 (土) 16時50分

この映画、まさみちゃんが出てなかったら、ファミレスどころかコンビニ弁当です。

チンしてもらっても、ウチに帰るまでにすっかりさめちゃいます(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。

投稿: にら | 2006年9月27日 (水) 16時23分

こんにちは♪
TBありがとうございました。
マンガを映画化するのは難しいですよね。
昨年の「タッチ」も散々だったようですし、あだち充のマンガは特に間が独特なので難しいのかなぁ?
もこみちくんを見に行ったのですが、動く彼はあまり魅力的ではなく、長澤まさみちゃんに目が釘付けでした。

投稿: ミチ | 2006年9月17日 (日) 14時08分

>サラさん
コメントありがとうございます。
確かに主演二人が好きな人にはたまらない映画ですよね。
僕もちょっと長澤まさみさんにぐっときてしまいました(笑)。

投稿: はらやん | 2006年9月10日 (日) 12時10分

TBありがとうございました。こちらからもTBしたのですが、だめでした。ファミレスのようなと言う表現は上手いですね。ウンウンそうだよな~

投稿: サラ | 2006年9月 9日 (土) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/11807733

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラフ」 きらりと輝く長澤まさみの表情:

» 『ラフ ROUGH』 [試写会帰りに]
『ラフ ROUGH』試写。あだち充の原作漫画の映画化。長澤まさみと速水もこみちが主演という事でちょっと気になっていました。原作漫画は未読なのですが、あだち充作品なので何となく雰囲気は想像できます。1時間46分という上映時間では難しいのかもしれませんが、ストー..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 14時41分

» ラフ [Akira's VOICE]
見所は,主演女優の笑顔と,スキマスイッチの歌だけ。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 17時36分

» ラフ ROUGH/長澤まさみ、速水もこみち [カノンな日々]
世間での評判は案の定予想通りというか、必然というか(笑)。でもね、絶対これダメだろうなと思っていても、原作があだち充作品となれば、映画に期待できなくてもスゴク観たいわけじゃなくても何故か気になっちゃうんですよね。やっぱり青春時代にあだち作品によって刷り込ま....... [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 21時12分

» 感想/ラフ(試写) [APRIL FOOLS]
長澤まさみが今年もあだち充のミューズに! 観たら絶対プールに行きたくなる!! けどもう夏終わりだよ?な8月26日公開『ラフ』。 最初は反発してた亜美と圭介が同じ水泳部で次第に惹かれ合ってアッチッチっていう青春ラブ。恋のライバルは亜美のお兄ちゃん的存在で、自由形のNR保持者・仲西。しかし日本選手権を前に仲西が大事故で選手生命の危機に!ってさすがエイティーズだわわ。 原作読んだけど、ダイジェスト的にすっきりまとめてて特筆点もなし。でもね、好きなの。スポーツ青春モノってやつが。これはもう仕方な... [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 21時31分

» 『ラフ ROUGH』 [ラムの大通り]
----ニャんだか腑に落ちない顔をしているね。 「う〜ん。これは何を書いたらいいのか 皆目見当がつかない。 あだち充の原作ファンだったら すんなり入っていけるのかも知れないけど、 ヒロイン亜美(長澤まさみ)の立ち位置と言うか、 お兄ちゃん・仲西(阿部力)、圭介(速水もこみち)、 それぞれへの想いの比重というか、 その深さがまったく伝わってこない」 ----でも、その曖昧さ、 揺れが“あだちワー�... [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 22時53分

» 映画「ラフ」は映画自体が「ラフ状態?」なのかも? [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
8月26日より公開の「ラフ」を 一足早く観てきました。 「世界の中心で愛をさけぶ」の長澤まさみ主演 「タッチ」の原作者あだち充 「NANA」の監督大谷健太郎 「電車男」の金子ありさ脚本 「サイレン」の市川由衣共演 そして主題歌 スキマスイッチ こんなベストメンバーが 揃っているので名作の誕生か? と、思いきや〜 「あれれ」☆「なにー」 「ぽかーん」状態の映画でした。 よく言えば あっさりとまとまり過ぎ 悪... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 01時48分

» 【劇場鑑賞89】ラフ ROUGH [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
『あー、あー、聞こえますか?こちら 二ノ宮亜美。 ただいま、8月25日金曜日。 聞こえますか?大和圭介、応答せよ!』 いちばん暑い夏に、ぼくらは出会った。 二人なら    きっと飛べる。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 12時15分

» 「ラフ ROUGH」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ラフ ROUGH」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:長澤まさみ、速水もこみち、阿部力、石田卓也、高橋真唯、黒瀬真奈美、市川由衣、八嶋智人、田丸麻紀、徳井優 、松重豊、渡辺えり子、他 *監督:大谷健太郎 *原作コミック:あだち充『ラフ』 感..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 13時03分

» 映画「ラフ ROUGH」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
『NANA』『タッチ』同様にコミックからの映画化作品、笑いと涙に片思いと友情、悩みと挫折と挑戦そして夢の実現・・スポーツ特待生達の寮生活が綴られる 前半はそんな青春恋愛漫画の群像な様相を呈しているが、徐々に焦点は四角関係から生まれる恋へと移っていく。共に和菓... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 13時22分

» ラフ [メルブロ]
ラフ 上映時間 1時間43分 監督 大谷健太郎 出演 長澤まさみ 速水もこみち 阿部力 石田卓也 八嶋智人 評価 5点(10点満点)  久しぶりの東商ホールでの試写会。  「タッチ」でお馴染みのあだち充先生原作の漫画を映画化。ファンの間では、「タッチ」より....... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 18時53分

» 映画「ラフ ROUGH」 [FREE TIME]
現在、公開中の映画「ラフ ROUGH」を鑑賞してきました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 22時49分

» 『ラフ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某インターネットサイトで当選した 『ラフ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★☆☆ [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 23時39分

» 「ラフ ROUGH」 [わたしの見た(モノ)]
「ラフ ROUGH」 昨年の「タッチ」に失望した直後、 同じくあだち充の原作「ラフ」の製作が決まり、 大谷健太郎監督ということで、今度は大丈夫と思っていたが、 あだち充のコミックとは程遠い内容になっていた。 大体、速水もこみちが高校生役を演じること自体ムリ。 「約... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 17時14分

» ラフ [八ちゃんの日常空間]
映画であだち充の世界を表現するのは、きっと無理だろう。無理にする必要はない。 「原作は原作で、あくまで映画版として、青春映画をきっちり作って欲しい。」 どうせなら「みゆき」を作っちまえ!... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 19時07分

» 「ラフ」 [みんなシネマいいのに!]
   漫画の映画化はとにかく難しくて、絵が既にあるのでイメージが固定化してしまう [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 23時18分

» [ ラフ ROUGH ]男前すぎるよ、もこみち君 [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ ラフ ROUGH ]@渋谷で鑑賞 [ タッチ ]の次にあだち充が描いた高校の水泳部を舞 台にした青春ラブストーリー[ ラフ ]。 同じ和菓子同士、商売がたきの家に生まれた二ノ宮亜美 (長澤まさみ)と大和圭介(速水もこみち)だったが、ひょ んなことから同じ高校に入学し、かたや高飛び込み選手、 かたや競泳選手として出会うことに。最初は、いがみあ っていた2人だが、いつしか気持ちに素直になり惹かれあ う2人になっていく。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 22時15分

» 『ラフ ROUGH』 [Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐]
青春をギュッと凝縮された様懐かしさでいっぱいな映画。 『ラフ』を見てきました。 とっても爽快な気分です。 昨年の『タッチ』と同じくあだち充原作の作品で、主演も同じく、長澤まさみです。 ファンとして外せない作品。 彼女の魅力は後ほど語らせて頂くとして…、暑っつい夏にプールサイド繰り広げられる、表情はクールだけど、熱いハートを感じる作品です。 記録の伸び悩みに悩みながらも、それでも大好きな水泳に�... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 23時22分

» 「ラフ」 [みんなシネマいいのに!]
   漫画の映画化はとにかく難しくて、絵が既にあるのでイメージが固定化してしまう [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 23時41分

» 「 ラフ 」 [MoonDreamWorks]
監督 : 大谷健太郎出演 : 速水もこみち / 長澤まさみ / 原作 : あだち充(「ラフ」小学館/少年サンデーコミックス刊)    公式HP:http://www.rough-movie.jp/「ハッピーバースデー、もこちゃん!」9日のプレミア試写会では、あの台風の中、浴衣姿の女性...... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 07時26分

» 映画「ラフ ROUGH」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ラフ ROUGH」 あだち充の同名大ヒットコミックを映画化した青春ラブストーリー。 原作は未読。 実家の和菓子屋が昔からライバル同士のため、亜美(長澤まさみ)と圭介(速水もこみち)は犬猿の仲だったが、同じ高校の水泳部で過ごす内に反発しあいながらも次第に惹かれあうようになる。というベタながらも青春モノの王道のようなストーリー。 あだち充の原作はファンがとても多いと思うけれど、ヒット作を... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 14時06分

» ラフ ROUGH 2006 106分 [極私的映画論+α]
 二ノ宮亜美と大和圭介は、商売がたきである同じ和菓子屋の家に生まれ、互いにライバル意識むき出しで育ってきた。やがて2人は同じ高校に入学、亜美は高飛込みの選手、圭介は競泳選手として同じプールで多くの時間を過ごすことになる。はじめはいがみ合っていたものの、次第に惹かれ合っていく2人。ところが、亜美には幼なじみで年上、しかも圭介が憧れる自由形日本チャンピオンの仲西弘樹という婚約者がいたのだった。 映画館 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 18時48分

» ラフ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
あだち充の原作もの・・・『タッチ』に続きまたまた公開 しかも・・・ヒロインは長澤まさみ・・・ さすが東宝、予告もビシバシ入れてるし 第6回東宝シンデレラの黒瀬真奈美ちゃんって・・・長澤まさみにそっくり! に見えませんでしたか? 興味がないわけじゃないけど、はずれも...... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 09時56分

» 「ラフ/ROUGH」 [徒然雑草]
2006/08/20 東京有楽町「東証ホール」で「ラフ/ROUGH」の試写を観た。水泳日本選手権、自由形決勝。精神統一を図る大和圭介(速水もこみち)の隣には、自由形日本チャンピオンを目される仲西弘樹(阿部力)がい…... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 21時01分

» ラフ ROUGH [ともみの言いたい放題♪]
この映画は、前から目をつけてました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 00時13分

» 「ラフ ROUGH」見てきました [よしなしごと]
 正直タッチがイマイチだったので、どうしようかと迷っていたのですが、ちょうど銀座で買い物があってしかも時間がちょうど良かったのでラフ ROUGH見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 19時13分

» ラフ [Good job M]
公開日 2006/8/26監督:大谷健太郎 「NANA」出演:長澤まさみ/速水もこみち/阿部力/石田卓也/高橋真唯/黒瀬真奈美/市川由衣 他【あらすじ】二ノ宮亜美と大和圭介は、祖父の代からの宿敵同士。2人は同じ高校に入学し、亜美は飛込み選手、圭介は競泳選手として同じプール...... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 07時57分

» ラフ [勝弘ブログ]
http://www.rough-movie.jp/index.htmlタッチと同様、あだち充原作の映画化原作の記憶が遠いのでなんですが、「ひとごろし」、「お前なんかだいっきらいだ」「あなたのことが好きです、応答せよ」が入っていたのでOKと... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 22時19分

» ラフ [Enjoy Life♪]
笑って、泣いて、 そして夏に恋したくなる映画 「ラフ」の誕生・・・ [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 06時58分

» 『ラフ』 [ねこのひたい〜絵日記室]
劇中、上鷺寮で出されるけれど画面に出てこない夕食「ひつまぶし」とは、主に名古屋地方で食べる鰻料理。蒲焼にしたウナギの身を細かく刻んで御飯に混ぜたものです。小ぶりなお櫃(ひつ)に入れて供されるため、こう呼ばれます... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 16時25分

» 「ラフ」 [Tokyo Sea Side]
原作は読んでないので大きな不満とかはないのですが、感想は…まぁまぁ?漫画の映画化はやはりこんなもんかと言ったカンジです。もこみちの制服姿に違和感があったとか、終わり方が微妙とか、そのくらいの印象しかないです。ただ長澤まさみのプロポーションは女の子から見てもなかなか素敵だったし、泳いでるシーンも迫力があって良かったと思います。あと「ラフ」に込められた意味が分かってちょっと満足です☆ [:URL:] 『ラフ』... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 21時14分

» ラフ [欧風]
土曜は、八戸フォーラムで「フラガール」、「時をかける少女」、「アオグラ」と3本ハシゴ鑑賞したんですが、翌日、日曜日は今度は「イオン下田TOHOシネタウン」でまた3本鑑賞。 1本目に観たのは「ラフ」。この作品はあだち充の同名漫画を映画化したものですが、去年映画化した「タッチ」もあだち充の漫画で、主演が長澤まさみ。今回の主演も長澤まさみ。あだち充の漫画はみんな同じ顔に見えることで有名ですが(^_^;)、だから主演も同じなのか?そして毎年1作品映画化は恒例行事になるんだろうか。では次は「みゆき」です... [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 12時28分

» ラフ~ROUGH [Kattu-da-hoi♪]
ラフを観に行って来た。 あだち漫画の中でも一番好きな漫画だ。 ほんとは、実写版 [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 20時40分

» 『 ラフ (ROUGH) 』  [やっぱり邦画好き…]
公式サイト 映画 『  ラフ (ROUGH)  』  [劇場鑑賞] 2006年:日本 【2006年8月26日公開】[ 上映劇場  ] 監督:大谷健太郎 脚本:金子ありさ 原作:あだち充 【キャスト】 長澤まさみ 速水もこみち 阿部力 石田卓也 高橋真唯 黒瀬真奈美 市川由衣 八嶋智人 田丸麻紀 徳井優 松重豊 渡辺えり子 二人なら きっと飛べる。 どんな見事な絵もまず最初は、ラフな下書きから始... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 19時08分

» 『ラフ ROUGH』 [唐揚げ大好き!]
    『ラフ -ROUGH-』   二人ならきっと飛べる。   原作は週間少年サンデーを読んでいたので多分知っているよなぁ…。 たしか、タッチの次の連載だったと記憶しています。 あだち充×長澤まさみ路線はこのまま続くんですかねぇ? タッチよりあまり思い入... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 04時28分

» ラフ ROUGH [新・CINEMA正直れびゅ<ネタバレあり>]
原作を読んだこともなければ、速水もこみちにも当然興味はない。目当ては長澤まさみのみ! レイトで観てきた。 [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 00時58分

» ラフ ROUGH [spoon::blog]
らふ 映画の2時間の枠に原作をそのまま入れ込むのは言うまでもなく不可能。どのように「映画」として作品を成立させるのか、いくつか方法があるが、本作が出した答えは、「青春ストーリー」であり、「長澤まさみ」である。... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 22時38分

« 本 「ポケットにライ麦を」 | トップページ | 「X-MEN ファイナル ディシジョン」 テーマを貫きシリーズを見事に締めくくった! »