« 「UDON」 うどんの話なのにコシがない | トップページ | 本 「コミュニケーション力」 »

2006年8月27日 (日)

「ロード・オブ・ザ・リング」 圧倒される世界構築力

先日「ゲド戦記」の記事を書きましたが、三大ファンタジー一つ「ロード・オブ・ザ・リング」(一作目)も改めて見直してみました。

公開時、劇場で観たのですが、その時気になったのは上映時間の長さでした。
ピーター・ジャクソン監督の作品は大概3時間級になりますが、観ていて集中力が続きません。
それでいて盛りだくさんの内容ですので、疲れたなあという印象でした。

それでしばらく観賞するのを避けてたのですが、DVDで改めて観てみると非常に良い作品ですね(今更ですが)。
ファンタジーのルーツとなる原作を基盤とするだけあってストーリーや登場人物も十分魅力的なのですが、圧倒されるのが、空想の世界である中ツ国を我々に目で見える形に具現化したイメージ力とその具体的な表現力です。

この映画では、空想世界を構成するひとうひとつが丁寧に作り込まれています。
現代劇の場合は話される言葉、ロケ・セットの脇に置いてある小物など、可視・不可視に関わらず感じられるすべてのものは、僕たちが共有する世界の文脈の中にあるものなので、いちいちひとつひとつを作り上げる必要はありません(選ぶセンスは必要かと思いますが)。
空想世界においては、小物ひとつとってもその物語世界の歴史や文化を引きずっていて、その世界の文脈が感じられるはずです。
この作り込みが甘いと、その物語世界が見ている映画のその周囲しか存在していないような書き割りめいた薄っぺらいものに見えてしまいます。
本作においてはそのようなことは全く感じられませんでした。
映画作りに当たり、物語の歴史・文化を想定するということは、ひとつの世界を作りあげていると言っていいでしょう。
「ロード・オブ・ザ・リング」はこの世界の文脈作りが非常に丁寧な作品に見えました。

あと本作観ていて気づいたのは、空撮がとても多いことです。
これはロケの場面でも、CGの場面でもそうなのですが、カメラが鳥のように飛び、世界を俯瞰するカットが多いのです。
鳥瞰のカットが多いということは世界を見渡せるということです。
制作側からみると、そこまで広く世界を想定しないとそのようなカットを撮れないということになります。

ピーター・ジャクソンおよび本作のスタッフの頭の中には、中ツ国が本当に存在していたように感じます。
ニュージーランドでのロケ、最新技術を使ったCG等が注目された本作ですが、その前に凄いと感じるのはこの世界を作り上げたスタッフたちの世界構築力でしょう。

にほんブログ村 映画ブログへ

「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」の記事はこちら→ 「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の記事はこちら→ 「ゲド戦記」の記事はこちら→
オーランド・ブルーム出演「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」の記事はこちら→ ガンダルフ役イアン・マッケランの出演作「X-MEN ファイナル・ディシジョン」の記事はこちら→

|

« 「UDON」 うどんの話なのにコシがない | トップページ | 本 「コミュニケーション力」 »

コメント

mamaさん、こんばんは!

TBありがとうございます。
古い記事へのTBがうまく反映されないことが多く、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
どうしてうまくいかないんだろう?

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月 5日 (月) 22時34分

こんにちは。TBありがとうございました。
こちらからのTBが反映されないようなので、
また時間をおいて試してみますね。

投稿: mama | 2007年11月 5日 (月) 10時15分

奈緒子さん、こんばんは!

そうですねー、気軽に観れないですよね。
気合い入れて「よし、観るぞ!」って感じです。
かなり盛り込んだ作品なので、見直してみてもいろいろ気づくところがありますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月 3日 (土) 19時30分

私も劇場で観たときは、付いていくのに精一杯でした。
『2』を観る前に復習したときにようやく理解した感じです(^_^;)
久しぶりにまた観たくなりました。
でも、長い上に3部作だから、気軽に観れないのが難です(*_*)

投稿: 奈緒子 | 2007年11月 2日 (金) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/11634413

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロード・オブ・ザ・リング」 圧倒される世界構築力:

» ロード・オブ・ザ・リング [mama]
2001年:アメリカ 原作:J.R.R.トールキン 監督:ピーター・ジャクソン 出演:イライジャ・ウッド、ヴィゴ・モーテンセン、リブ・タイラー、イアン・マッケラン、ケイト・ブランシェット、クリストファー・リー、イアン・ホルム、ショーン・アスティン、オーランド・ブ....... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 10時13分

» ロード・オブ・ザ・リング [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「ロード・オブ・ザ・リング」は、J・R・R・トールキンの「指輪物語」を映画化し、近年のアドベンチャー・ファンタジー映画ブームの先駆けとなった作品です。  同時期にスタートした「ハリポタ」シリーズに勝ち逃げしちゃった感があるのですが、これは元々3...... [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 22時29分

» 『ロード・オブ・ザ・リング』(2001) [【徒然なるままに・・・】]
言わずと知れたJ・R・R・トールキンの『指輪物語』を、原作通り三部作構成で映像化したものの一本目(実際には第二部冒頭部分まで含まれている)。原作同様に「旅の仲間」の副題を持つが、どういう訳か邦題からは削られてしまい、これではあたかも全篇を映像化したかのようで、初心者には些か不親切と言わざるを得ない。 最近の作品であるし、3時間近い超大作なのだが、気が付くとかなりのハイペースで繰り返し観ているお気に入りの作品だ。 熱心な原作ファンからは、ストーリーの改変に対して不満の声も寄せられたが、文庫本に... [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 22時32分

» 「ロード・オブ・ザ・リング」 [映画鑑賞日記]
ストーリー(Yahoo!映画より) はるか昔。闇の冥王サウロンは世界を滅ぼす魔力を秘めたひとつの指輪を作り出した。指輪の力に支配された 中つ国では一人の勇者がサウロンの指を切り落とし、国を悪から救った。それから数千年の時を経た中つ国 第3世紀。ある時、指輪がホ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 7日 (月) 10時04分

» ロード・オブ・ザ・リング [悠雅的生活]
ひとつの指輪はすべてを統べ、ひとつの指輪はすべてを見つけ、 ひとつの指輪はすべてを捕らえ、暗闇の中につなぎとめる。 [続きを読む]

受信: 2012年11月10日 (土) 16時16分

» ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間 [映画感想メモ]
ファンタジー。世界遺産登録されてもおかしくない風景。そしてガンダルフ。 ホビット [続きを読む]

受信: 2012年12月 9日 (日) 07時03分

« 「UDON」 うどんの話なのにコシがない | トップページ | 本 「コミュニケーション力」 »