« 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ チェスト」 ジャック・スパロウは今までにない狂言回し的主人公 | トップページ | 「イントゥ・ザ・ブルー」 観るべきところはジェシカ・アルバのみ »

2006年8月15日 (火)

「ターミネーター」 愛こそ勇気

ジェームズ・キャメロン監督の出世作「ターミネーター」です。
もう20年以上前の作品で、かつ低予算での制作だったにも関わらず、今でも十分楽しめます。
この作品以降、キャメロン監督は、メジャーな監督として活躍していくわけですが、以後の作品に通じるキャメロンらしさが原点であるこの作品にみられると思います。

キャメロン監督の特徴といえば、イマジネーションあふれる映像があげられます。
自分のイメージを表現するために「デジタル・ドメイン」というSFX会社まで作るだけあり、本作品でも骸骨をモチーフとしたメタリックなサイボーグという、その後の映画等に影響を与えた、アイデアを生み出しています。
初めてターミネーターを観たときのビジュアルショックは大きかったですね。

ただキャメロン監督の特徴はそれらの映像だけでなく、映画のストーリーの根底に共通してあるものがあります。
それは愛するものを守りたいという気持ちが、人間に勇気を与えるということです。
こうやって書くと、かなり恥ずかしいテーマなのですが、これがあるためキャメロン作品は何度観ても心を揺さぶられるのだと思います。
「ターミネーター」では、サラはカイルという愛する者、その結晶である子を得たとき生きるということに勇気をもって向かうようになります。
「エイリアン2」では母性(的な)愛、「ターミネーター2」では父性愛(変化球ですが)、「アビス」では夫婦愛が、命の危険にさらされる究極的な状況の中で主人公たちに戦う勇気を与えます。
個人的にはあまり好きな作品ではないのですが、「トゥルーライズ」「タイタニック」も同様なテーマが流れていると思います。
キャメロン監督は先進的な映像作家であるだけでなく、愛を描くラブストーリー作家かと思えます。

願わくば、このところ新しい作品を作っていないので、新作が早く観てみたいです。

「ターミネーター4」の記事はこちら→ にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ チェスト」 ジャック・スパロウは今までにない狂言回し的主人公 | トップページ | 「イントゥ・ザ・ブルー」 観るべきところはジェシカ・アルバのみ »

コメント

せつらさん、こんばんは!

もうずいぶん前ですからね〜。
20年どころじゃないか・・・。
カイルはマイケル・ビーンがカッコ良かったので、すごく印象に残っているんですよね。
そのころのシュワちゃんはまだ悪役でしたから、カイルの方がヒーローでカッコ良かったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年2月 2日 (火) 22時31分

はらやんさん今晩はTBありがとうございました。エコーさせてい
ただきます。
もうファーストのお話ほとんど忘れちゃってました。
カイルの存在も4を見たときにカイルなんて人でたったっけ?
って感じでした。2はしっかり覚えてるんですけどね
もう一度見直してみようかな

投稿: せつら | 2010年2月 1日 (月) 19時38分

makiさん、こんにちは!

特撮などは今観るとやはり古くさいところはあるのですが、物語はまったく褪せることなく、堪能できる名作ですよね。
T4はこのときのシュワちゃんを生き写しのように再現しています。
キャメロン監督は強い女性が好きですよね。
使命をもったサラの強い意志をラストは感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年1月31日 (日) 13時05分

こちらもTB失敗のため
コメントでお返しさせてください

あらためてみましてもやはり傑作でしたね
4をみたあとにかなり忘れているなとおもい見直したのですが、なかなか感慨深いものもありました
当時のシュワちゃんのマッチョぶりが、
4でのCGでのT800登場時と、本当にそっくりでまたビックリ

登場時は普通のかよわい女性、でもあのカイルが憧れた寂しげな写真のサラと同じく、
ラストの彼女はまさに守るもべきもののある強い女性へと変化していましたね!

投稿: maki | 2010年1月30日 (土) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/11451583

この記事へのトラックバック一覧です: 「ターミネーター」 愛こそ勇気:

» ターミネーター [I am invincible !]
1984年のLAに忽然と現れた1人の男(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、電話帳を見てサラ・コナーと言う名の女を上から順番に2人も殺した。 3番目のサラ(リンダ・ハミルトン)は次は自分の番だと気付いたが、クラブから警察とルームメイトのジンジャー(ベス・..... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 20時15分

» ターミネーター [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「ターミネーター」は、カリフォルニア州知事のシュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの大出世作となった大ヒットSFアクションです。散々TVで放映されてたり、パロディだったり名場面は観たことがあったのですが、ちゃんとじっくり観たのは実は初め....... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 20時39分

» ターミネーター [極私的映画論+α]
ターミネーター [DVD]20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンこのアイテムの詳細を見るターミネーター (1984) THE TERMINATOR 108分 未来で繰り広げられている人類VS機械の果てしない闘い。機械軍は人類のリーダーであるジョン・コナーを歴史から消すべく1984年のロスへ冷徹無比の殺人機ターミネーターを送り込んだ。目的は、いずれジョンを産むことになるサラ・コナーの抹殺。平凡な女子学生であるサラの前に姿を見せる黒づくめの殺人機。だがその時、彼女を守るために一人の... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 06時56分

» ターミネーター [pure's movie review]
1984年 アメリカ作品 108分 ワーナー・ブラザース配給 原題:THE TERMINATOR STAFF 監督:ジェームズ・キャメロン 脚本:ジェームズ・キャメロン ゲイル・アン・ハード CAST アーノルド・シュワルツェネッガー マイケル・ビーン リンダ・ハミルトン ポール・ウィンフィールド 続編公開の情報にそそのかされて、久々に観たくなってしまいました。すっかり忘れてると思ってたけど、観始めてみればどんどん思い出してきたよ。こういうSFやアクションってあまり好きなジャンルじゃないのに... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 15時11分

» 映画『ターミネーター』(お薦め度★★★★) [erabu]
監督、ジェームズ=キャメロン。脚本、ジェームズ=キャメロン、ゲイル=アン=ハード [続きを読む]

受信: 2010年1月30日 (土) 13時33分

» ターミネーター [象のロケット]
反乱を起こした戦略コンピュータと人類との戦いが繰り広げられる西暦2029年の未来から、1984年のロサンゼルスに殺人機械ターミネーターが送り込まれる…。 SFアクションの傑作。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 18時27分

» 『ターミネーター』 [La.La.La]
JUGEMテーマ:映画 制作年:1984年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:107分  原題:THE TERMINATOR  配給:ビクターエンターテイメント  監督:ジェームズ・キャメロン  主演:アーノルド・シュワルツェネッガー       リンダ・ハミルトン       マイケル・ビーン       ポール・ウィンフィールド 機械軍は人類のリーダーであるジョン・コナーを歴史から消すべく 1984年のロスへ冷徹無比の殺人機ターミネーターを送り込ん... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 19時34分

» 『ターミネーター』(1984) [【徒然なるままに・・・】]
言わずと知れたシュワルツェネッガーの出世作。シリーズの新作も公開されるので再見。 お話の方は今更説明不要だと思うけど、機械が人類を支配している未来社会で、生き残った人々をまとめレジスタンス活動をしているリーダーがジョン・コナー。彼の存在が邪魔な機械化軍団(ちょっと違うか・・・)は、その誕生そのものを阻止しようと過去に遡り、未来の母親であるサラ・コナーを抹殺しようと殺人マシーン<ターミネーター>を現代世界に送り込むというのが発端。一方のジョンも、レジスタンスのメンバーであるカイル・リースを母を守るべ... [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 23時39分

» ターミネーター [ダイターンクラッシュ!!]
2014年1月16日(木) 21:45~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(特別料金) パンフレット:非売 キャメロン、シュワの出世作 公開時、キャメロンは「殺人魚フライング・キラー」の監督であり、シュワは、「コナン・ザ・グレート」のボディ・ビルダーだ。無論B級映画扱いであったが、日本劇場が用意された。その後の「コマンドー」も日本劇場だから、シュワは東宝の劇場の偉い奴に相当評価されていたのかね。 俺は、日本劇場では観ていなくて、旧の文芸座で「レモ第一の挑戦」との2本立て。「ターミネー... [続きを読む]

受信: 2014年1月25日 (土) 18時22分

» ターミネーター [タケヤと愉快な仲間達]
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン、ポール・ウィンフィールド、ランス・ヘンリクセン 【解説】 未来で繰り広げられている人類VS機械の果てしない闘い。機械軍は人類のリーダーであるジョン...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 8日 (火) 08時02分

« 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ チェスト」 ジャック・スパロウは今までにない狂言回し的主人公 | トップページ | 「イントゥ・ザ・ブルー」 観るべきところはジェシカ・アルバのみ »