« 「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」  戦隊シリーズは時代劇 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ チェスト」 ジャック・スパロウは今までにない狂言回し的主人公 »

2006年8月15日 (火)

「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」 ストーリーのスケールアップに映像追いつかず

「ボウケンジャー」に続き、「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」です。
テレビシリーズは平成ライダーの中でも、ストーリーとしても映像としてもかなりレベルが高い出来と思っているのですが、映画版はやや期待がはずれた感じを受けました。
「龍騎」のあたりから映画版は、テレビに比べてスケールアップしたストーリーが魅力でした。
今回も活躍の舞台を宇宙空間まで広げたという点については、平成ライダーの期待を裏切らずという感じがしました。
ただ予算の都合でしょうか、絵作りがストーリーのスケールに追いつかず、興ざめする印象でした。
せっかく宇宙にでるのですから、無重力の中でのアクションがどうなるか期待しますし、また「カブト」の特徴であるクロックアップの表現がどうなるかと思っていたのですが、思いのほか普通でした。
またアクションではない通常シーンでのセット、衣装などが凝ってないように感じ、全体的なクオリティ感が低かった印象です。
同じ石田監督作品だと「ブレイド」の方が、監督のスタイリッシュな映像美がでていたように感じます。

またテレビ版の天道総司のキャラクターが個人的には気に入っているので、映画版は観ていてとまどいを感じました。
観ていくと別物だとわかってくるのですが、割り切るまで物語に入り込むのに時間がかかりました。
観る方もキャラクターの変化度合いについていくのにたいへんだったので、演じる俳優さんはかなり苦労したのではないでしょうか。

ストーリーとしては最後の謎解きが意外性があり、さすが平成ライダー、一筋縄では終わらないという感じがあり、この点については良かったですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

「劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生」の記事はこちら→

テレビシリーズ「仮面ライダーカブト」の記事はこちら→

「轟轟戦隊ボウケンジャー/最強のプレシャス」の記事はこちら→

「仮面ライダー THE FIRST」の記事はこちら→

|

« 「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」  戦隊シリーズは時代劇 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ チェスト」 ジャック・スパロウは今までにない狂言回し的主人公 »

コメント

エクスカリバーさん、こんにちは。

TVと映画は、パラレルワールド的な関係でしたね。
ゼクト、マスクド・ライダーシステム、ワームという設定はいっしょですが、登場人物は性格も含めて違っていました。
今年の電王のように、直接絡みあうようなことはなかったです。
僕はテレビシリーズ版の方が好きでした。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年9月 1日 (土) 13時52分

TVシリーズは観ないまま終ってしまいました。
結局この劇場版は、ただの番外編ではなくきちんとTVのストーリーに組み込まれたのですか?

投稿: エクスカリバー | 2007年9月 1日 (土) 12時19分

猫姫さん、おはようございます。

僕はまだ「カブト」はいいんですけれど、今の「電王」はどうしても乗り切れません・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月12日 (日) 07時22分

こんばんは!&
ごめんなさいごめんなさい、、、
またTBしてしまいました、、、
あたしはやっぱりこのシリーズ、イマイチだな、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年8月 8日 (水) 01時59分

TBどうもです。
天道のキャラ、私もとても気に入ってます。
TVシリーズではだんだん熱血が入ってきちゃっているので、少し残念なのだけど。

宇宙進出、時間も曲げるカブト、恐るべしですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2006年9月11日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/11451540

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」 ストーリーのスケールアップに映像追いつかず:

» 06-37 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE [奇跡の人の映画部屋]
鑑賞日 8月15日 感 想  いきなり軌道エレベーターって「超時空世紀オーガス」かい!ラストは「エイリアン」やら「スーパーマン」を持って来られてもねぇ。 いい加減劇場版で番外編やるの止めましょうよ!、テレビ良く見てない人間には全く設定が分かりません(... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 21時53分

» 「劇場版仮面ライダーカブト~GOD SPEED LOVE」みちゃった。 [たいむのひとりごと]
密かに平成ライダーシリーズはずっと見ていたりする。特別思い入れがあるわけではないけど、見始めると途中では止められなくなるような作品(笑)前作の『響鬼』は仮面ライダーとしては若干異色だった。これはこれでいい味を出していたので好きだったけれど... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 17時23分

» 映画「劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年42本目の劇場鑑賞です。公開翌日劇場で観ました。「劇場版 仮面ライダー剣(ブレイド) MISSING ACE[ミッシングエース]」の石田秀範監督作品。シリーズ第1作の放送開始から35周年の節目を飾るTVシリーズ「仮面ライダーカブト」の劇場版。地球の危機を救うため、...... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 01時23分

» 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】石田秀範 【出演】水嶋ヒロ/佐藤祐基/里中唯/徳山秀典/加藤和樹/森下千里/小林且弥/虎牙光輝/武蔵/他 【公開日】2006/8.5 【製作】日本 【ストーリー】 1999年巨大隕石が地球に落下し、世界中の海が一気に蒸... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 19時21分

» 『仮面ライダーカブト/GOD SPEED LOVE』(2006) [【徒然なるままに・・・】]
方や2本立てのもう一本は<仮面ライダー生誕35周年記念>だそうで、Wアニバーサリーという宣伝の仕方をされておりました。こちらもとりたててアニバーサリー作品という部分は前面に押し出してはいないと思うのですが、舞台が宇宙空間だったりといったスケールの大きさは、やはりアニバーサリーならではなのでしょうか。 で、こちらの作品も予備知識なしです。TVとは全く別の話だということなので、まぁ大丈夫だろうと軽く考えていたのですが、相変わらず仮面ライダーが沢山出てきて敵味方に分かれ、更に組織と組織の抗争に裏切り... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 23時08分

» 心頭滅却すれば火もまた涼しじゃぁーッ! [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE 鑑賞 50点(100点満点中) 毎年恒例のライダー映画だが、今回は初めて脚本が井上敏樹ではなく、TV本編で"何も起こっていないのに面白い"ドラマを見せてくれている米村正二によるものだという事で、少なくとも剣や響鬼よりは面...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 16時17分

» 仮面ライダーカブト 0706 [猫姫じゃ]
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE 2006年   石田秀範 監督水嶋ヒロ 佐藤祐基 里中唯 徳山秀典 加藤和樹 森下千里 小林且弥 虎牙光揮 武蔵 本田博太郎 最近のこういうの、若いおかぁさまを巻き込ん...... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 23時06分

« 「轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス」  戦隊シリーズは時代劇 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ チェスト」 ジャック・スパロウは今までにない狂言回し的主人公 »