« 本 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」  | トップページ | 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる »

2006年8月18日 (金)

「鉄人28号(2004)」 実写でやる意味は・・・

アメリカでも日本でも映画界ではリメイクがトレンドの一つになっています。
「鉄人28号(2004年)」もそういったリメイク作品の一つです。

皆さんご存知の通り、原作は横山光輝の漫画ですが、僕は原作やオリジナルのアニメや度々のリメイクもほとんど見ていないので、「鉄人28号」には特別の思い入れはありません。
ですので、「ここがオリジナルと違っていやだ」という見方はないですが、この2004年版の「鉄人28号」はほとんど評価する点がなかったように感じます。

まず気になったのがキャラクター設定です。
有名な漫画が原作であるため仕方がないところもあるかもしれませんが、キャラクターの描き方があまりに漫画的(デフォルメが強い)で生身の俳優がそれを演じるとやけに空々しい感じがし、観ていて興ざめしました。
コメディリリーフ的な警察幹部、少年がちょっと気になるお姉さん、喧嘩して仲良くなる友達・・・、この現代においては嘘くさく、あまりに工夫が感じられません。
戯画っぽいキャラクター付けを、肉体を持つ俳優さんが演じることが違和感を生み、最後まで感情移入しにくかったです。
もしこのようなキャラクターを描きたかったのなら、アニメーションなどの手法の方が最初からフィクションとして納得しやすかったので、観る側としてはよかったのかもしれません。
なぜわざわざ実写で撮ったのかという疑問がおこります。

また別の視点ですが、いわゆるアクション映画を観に行く場合、ある種のカタルシスを得にいくというところもあるかと思います。
派手な爆発や目の覚めるアクションなどといったものをみて、すっきりするといったところです。
「鉄人28号」に関しては、最後の鉄人とブラックオックスの戦いに至ってもスローモーな殴り合いで終止し、最後までカタルシスを得ることはできませんでした。
少年がリモコンでロボットを操っているのだから早い動きはリアリティがないということなのかもしれませんが、そもそも巨大ロボットが街を歩くだけでも現実味はないので、ここは割り切り映画として見せ場を作った方が良かったのではないでしょうか。
原作やアニメのテイストを気にしたのか、ロボットのデザインも実写になじみにくいものになっていて、実写を背景に超合金のおもちゃが動いているような安っぽさを受けました。
ここでもなぜわざわざ実写で撮ったのかという疑問に至ります。

この点、テレビシリーズですが2001年にフジテレビでオンエアしていた「鉄甲機ミカヅキ」という作品は、上記の2点のような不満点は見当たりません。
「鉄甲機ミカヅキ」は巨大なロボットを少年が操縦するといった点は「鉄人28号」や「ジャイアント・ロボ」と同じです。
ただ鬼才雨宮慶太監督らしく世界設定・人物設定は奥深く、ドラマも映像も見応えがあります。

「鉄人28号」では制作者がオリジナルに縛られ、最後まで実写でやる意味を見いだせなかったのではと思いました。

にほんブログ村 映画ブログへ

蒼井優さん出演の「ハチミツとクローバー」の記事はこちら→

蒼井優さん出演の「蟲師」の記事はこちら→

正太郎をサポートする立花真美を演じた蒼井優さんの主演映画「フラガール」の記事はこちら→

|

« 本 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」  | トップページ | 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/11493307

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄人28号(2004)」 実写でやる意味は・・・:

» 「鉄人28号」 [みんなシネマいいのに!]
 2003年鳴り物入りで放送が始まった「鉄腕アトム」は、思った以上に面白いもの [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 23時11分

» 鉄人28号 今年の231本目 [猫姫じゃ]
鉄人28号 最初、風鈴買うところ、妻夫木聡 ?はいいんだケド、薬師丸ひろ子、 申し訳ありません! 山田スミ子 やん! と、思ってしまいますた、、、 お母さんが似合う年齢なのね、、、 カイカ〜ン! ちょっとねぇ、、、CGが、、、違和感はぬぐえない。でもま....... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 01時10分

» 『鉄人28号』劇場版(2004) [【徒然なるままに・・・】]
本来なら一年くらい前に見られたはずなのに、公開が伸び伸びになっていた実写版『鉄人』がようやっと公開。『キャシャーン』『キューティーハニー』『デビルマン』『忍者ハットリくん』ら同時期に発表されていた一連の実写映画化作品の中では一番期待していただけに(思い入れがないからだけど)、お蔵入りしなくて良かった良かった。 でも作品そのものは「良かった良かった」とはとても呼べない代物。正直、”『デビルマン』の再来”などという有り難くない評価を耳にしていたので「思ってたよりは面白いじゃん」と言えなくもないのだ... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 23時05分

» 鉄人28号 [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
実写化、って流行ってるね~ こんなもんまで実写とは思わなかったわ。 東京でサイバ... [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 00時22分

» 『鉄人28号』 (初鑑賞87本目・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 9月9日(土) WOWOWのハイビジョン放送を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 23時23分

» 鉄人28号 [type C]
監督: 富樫森原作: 横山光輝脚本: 斉藤ひろし、山田耕大出演: 池松壮亮、蒼井優、香川照之 etc...ある意味で見たくて仕方なかった。レンタルショップへ行くと鉄人28号が並んでいて借りようかなと思う。しかし...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 16時28分

« 本 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」  | トップページ | 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる »