« 「日本沈没(2006年)」 | トップページ | 「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・ »

2006年8月15日 (火)

「2001年宇宙の旅」 カメラの視点で表現したかったことは・・・

「2001年宇宙の旅」を久しぶりに観ました。
初めて観たのは中学生の時、もう20年以上前です。
そのときは内容がさっぱりわからず、映像的な斬新さに目を見張っていただけですが、数年ぶりに観ても、全然古くないですね。

改めて観て感じたのは、1カット1カットが絵画のようにきちんと構図が計算されているなということです。
撮影技術の発展によって最近の映画はカメラが激しく動いて迫力はあるのですが、よく見ると荒っぽかったりしますが、本作品はそういうところがないように感じます。
「2001年宇宙の旅」はとても長いカット(それもカメラも固定)が多いですが、それでも見飽きないのは、画面が美しく構成されているからかもしれません。

ついでに観ていて思ったことを。
本作品では、「視点」の切り替えという点に注目するとおもしろいです。
後半のスターゲイト突入まではカメラの視点は、あまり動くことはありません。
太古の猿人の時代、軌道上のステーション、月、ディスカバリー号、舞台は変わりますが、カメラはずっと客観的な位置を保ち続けます。
登場人物の視点はほとんどなかったと思います。
出来事を淡々と移していく視点、上空から観る客観的な視点は、「神の視点」のようにも感じます。

それがスターゲイトをボーマンが通過するところで、カメラは突然視点を変えます。
ボーマンが観た目まぐるしい風景(人類創世の歴史の真実の姿?)を、ボーマンの視点で映します。
カメラはここで主観的になります。

そしてボーマンがたどり着いた場所で、三たびカメラは視点を変えます。
ボーマンが、老いたボーマンを見、そしてまたそのボーマンが、さらに老いたボーマンを見る。
主観と客観が目まぐるしく変わります。
そしてボーマンはスターチャイルドに生まれ変わる(もしくは同一化する?)。

スターチャイルドは人類を生み出した個を超越した生命体のように思えます。
そのような生命の視点は、主観と客観が入り交じったものであるかもしれません。
神の客観的な視点、人間の主観的な視点、そしてそれが同一化し混在化した視点。
人類のスターチャイルドへの進化をカメラの視点からも表しているように感じました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「日本沈没(2006年)」 | トップページ | 「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・ »

コメント

>kazuponさん

私も何年か前に映画館でこの映画を観た時、かなり感激しました。
それまではビデオでしか観たことなかったので。
ため息でるほど美しいデザイン、構図、ほんとに古びない映画です。
細かなところまで吟味されている映画で、観るたびに発見があります。
自分も年齢でそのたび少なからず見方も変わってくるので、それもおもしろいところです。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年10月24日 (火) 20時29分

こんにちわ!
いつもお世話になっております。TB
ありがとうございました。
記事にも書いた通り、大阪の映画館が
閉館する際に特別上映してくれたので、
スクリーンで観たんですけど、ずっと
DVDで観ていたのとはかなり違う
感覚で入り込めた気がします。
ほんと書かれている通り、今観ても
全然古さを感じない、むしろカッコイイ
と思えるほどでした!

投稿: kazupon | 2006年10月23日 (月) 20時45分

TBありがとうございました。カメラの視点ですか。気づきませんでした。それにしてもこの映画は、何度見ても新しい発見がありますよね。ラストの解釈の仕方は、自分のその時の環境とか知識とか気分によって、いろいろ変わったりします。それがまたこの映画の癖になるところです。またお邪魔させていただきます。

投稿: ガラリーナ | 2006年9月11日 (月) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/11451356

この記事へのトラックバック一覧です: 「2001年宇宙の旅」 カメラの視点で表現したかったことは・・・:

» 2001年宇宙の旅<美術編> [シネ・ガラリーナ]
1968年/米・英 監督/スタンリー・キューブリック  とにかくこの作品は「美しい」のひと言につきる。あまりの美しさに何度唸ったことか知れない。人類の夜明けから宇宙時代に場面が一足飛びに変わって、最初に出てくるインテリアは、真っ白な宇宙ステーションの廊下に配置された、真っ赤なソファ。ソファ以外のインテリアは何もないが、その存在感のすばらしいこと。本当に全てのものが究極的にシンプルで美しい。宇宙船内部を見ただけでその完璧な美しさに私はクラクラしてしまう。 そして宇宙船はもちろん、スチュ... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 22時54分

» 「2001年宇宙の旅」 [みんなシネマいいのに!]
 誰もが2001年にリヴァイバル公開するだろうなあと思った「2001年宇宙の旅 [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 23時35分

» 2001年宇宙の旅 [It's a Wonderful Life]
あっという間に2006年も2ヶ月ちょっと。 先日チラっと書いたんですが、大阪千日前の映画館「スバル座」 がこの9月末に閉館になってしまったんですけど、 そのさよなら上映の1本としてこのスタンリー・キューブリック監督の 「2001年宇宙の旅」を上映し...... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 20時42分

» 2001: A SPACE ODYSSEY [type C]
監督: Stanley Kubrick原作: Arthur C. Clarke脚本: Stanley Kubrick / Arthur C. Clarke出演: Keir Dullea / Gary Lockwood / William Sylvester  more... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 20時03分

» 【2001年宇宙の旅】 [日々のつぶやき]
監督:スタンリー・キューブリック 出演:ケア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド 「月で不思議なエネルギーを木星に向け発している板が突然現れた。 それを解明するために科学者を乗せた宇宙船が木星に向かった。その途中メインコンピューターのHALが氾濫を起こ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 14時50分

» 2001年宇宙の旅 [5125年映画の旅]
400万年前。細々と生きていた猿人たちの前に、漆黒の板状物体モノリスが現れる。時は流れ1999年。開発中の月のクレーターの中から、400万年前のものと酷似したモノリスが発見された。そして2001年。木星探査を目的とした宇宙船ディスカバリー号で事件が起きる....... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 10時19分

» 『2001年宇宙の旅』(1968) [【徒然なるままに・・・】]
「2001年」なんて物凄く未来のように思っていたけれど、気が付けばもう過去のこと。続編のタイトルである「2010年」の方が近くなってきちゃいました。 ようやっと宇宙には国際宇宙ステーションが浮かび、折りしも現在、日本人宇宙飛行士が日本の実験施設を設置中。とはいえ、この物語で描かれているような有人木星探査旅行なんて夢のまた夢。未来はもっと素晴らしいものだと信じていたのに、どこでどう狂っちゃったんでしょうね。 さて、この映画を初めて観たのは、『スター・ウォーズ』と『未知との遭遇』がヒットして<S... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 12時19分

» *2001年宇宙の旅* [Cartouche]
   ***STORY***          1968年   アメリカ 旅客用宇宙飛行機オリオン号がケープケネディ空港から月に向かって飛び立った。 旅客の中にはフロイド博士(ウィリアム・シルベスター)がいる。彼は最近月面で発見された謎の物体について専門技術家、学者たちが月の基地で開く会議に出席するのである。約1時間後、第5宇宙ステーションに到着した。やがてフロイド博士は月宇宙船エアリーズ号に乗りかえ、2日後に月世界に到着。月の基地では謎の物体をめぐる議論に花がさき、博士は物体をこの目で確..... [続きを読む]

受信: 2010年11月 9日 (火) 00時02分

» 「2001年宇宙の旅」スタンリー・キューブリック [Mani_Mani]
[続きを読む]

受信: 2010年11月16日 (火) 03時03分

» 2001年宇宙の旅 [うろうろ日記]
午前十時の映画祭でみました。説明するのが難しいので、後半だけ言うと、木星に未確認 [続きを読む]

受信: 2010年11月21日 (日) 00時45分

« 「日本沈没(2006年)」 | トップページ | 「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・ »